秋田県職員が、業務であるいはプライベートで接した秋田のホットな情報を発信する秋田県のサイトです。県公式ホームページ美の国あきたネットとともにご愛読くださるようお願いします。


by akitapref

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
美の国秋田ネット
あきたファンドっとコム
ブンカdeゲンキ
農林水産 こまちチャンネル
あきた食の国ネット
秋田のグリーンツーリズム
秋田の道路情報
十和田八幡平のんびり探検隊2
由利地域観光ブログ
仙北地域振興局の観光ブログ
湯沢雄勝地域の観光情報
秋田元気ムラ!
アクセスカウンター2008.10.28~
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
リンクフリーです。 バナーはこちら

甘くて濃い!「かづの北限の桃」が穫れました!

 鹿角市の特産品「かづの北限の桃」の生産者がこのほど県庁を訪れ、今年の出来をPRしました。
国内の桃産地の中で最も収穫時期が遅いことで知られていますが、市場から桃が品薄になる9月に出荷できる主力品種の「川中島白桃」は、市場関係者や消費者から高い評価を得ています。
 今年は凍害や豪雪被害など相次ぐ気象災害を乗り越え、例年以上に品質の良い果実が生産されたそうです。
 桃の試食をした佐竹知事も、「味が濃く非常に美味しい。観光資源と捉え、より良いものを作って欲しい。」と絶賛しました。
 JAかづの北限の桃生産部会の田中副部会長も、「かづのの桃は寒暖の差が大きい環境で育っているので、その分味がギュッと詰まっている。今年は例年よりも良く出来上がっているので、皆様にも食べてもらいたい。」と述べました。
 主力品種である『川中島白桃』収穫のピークは昨年より早い9月5日頃となる見込みです。この後、晩生の品種の収穫が9月末頃まで行われる見込みです。

【JAかづの農業共同組合HP】
http://www.ja-kazuno.or.jp/index.html
c0177717_16491181.jpg
c0177717_16493761.jpg
c0177717_1649548.jpg

[PR]
# by akitapref | 2015-09-02 16:49 | 広報広聴課

「パパ・ママの職場見学」を開催!

県職員連合労働組合では、家庭と仕事の両立への理解を深めてもらうことを目的として、職員の子どもに親の職場を見学してもらう「パパ・ママの職場見学」を開催しました。
 職場見学には、16人の子どもが参加しました。
参加者は、実際に親の席に座ってパソコンを操作したり、ハンコを押す業務をするなど、職場の雰囲気を楽しみながら体験しました。
 知事室を見学に訪れた際には、「いっぱい名刺をもらった!パパはしっかり仕事をしていた!」など、口々に感想を述べていました。
 佐竹知事も「今日はいろいろな仕事を見たり、体験してもらったりしたと思います。お家に帰ったら、お父さんお母さんにいつもありがとうと伝えてあげてください。」と述べました。
 県では、「仕事と育児・家庭の両立」に取り組む企業への支援情報のほか、両立支援に積極的な企業・団体等を応援しています。
詳しくは、秋田県少子化対策総合ウェブサイト【ベビーウェーブ・アクション】から
http://common3.pref.akita.lg.jp/babywave/list.php?cat=06
c0177717_16542195.jpg

[PR]
# by akitapref | 2015-08-10 16:54 | 広報広聴課

新・観光キャッチコピー「んだ。んだ。秋田。」を発表しました

 平成25年に開催された「秋田ディスティネーションキャンペーン」。
 JRと協働で行われた観光キャンペーンで使用された「あきたにしました。」に代わる、新キャッチコピーを本日発表しました。

 その名も『んだ。んだ。秋田。』

 「のんびりできる?」や「美人に会える?」など数えきれない秋田の魅力への問いかけに、「んだ。んだ。秋田。」と答えるデザインとなっています。
 問いかけを自由に変えることで、観光関係者だけでなく、市町村や企業など様々な分野・たくさんの人々に楽しく使っていただけるものです。
 また、地方創生が叫ばれるなか、秋田の目指す方向性を示す「高質な田舎」のロゴデザイン「高質な田舎AKITAVISION」を作成しました。
 様々な秋田の魅力を発信する際に、クレジットとしてさりげなく使用していただければと思います。
 食や文化、人など幅広い秋田の魅力に対し、県民が「んだ。んだ。」と力強く頷ける高質な田舎を目指していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

「んだ。んだ。秋田。」についてはこちら
http://www.pref.akita.lg.jp/www/contents/1437021347086/index.html
「高質な田舎AKITAVISION」についてはこちら
http://www.pref.akita.lg.jp/www/contents/1326177415352/index.html
c0177717_815534.jpg
c0177717_816214.jpg

[PR]
# by akitapref | 2015-07-22 08:20 | 広報広聴課

プレミアムな旅はいかがですか?

 由利高原鉄道と秋田内陸縦貫鉄道は、地方創生交付金を活用した「秋田ふるさと鉄道プレミアム周遊券」のPRのため県庁を訪れました。
 会見には、由利高原鉄道からはアテンダントの佐々木瑛理さんが、秋田内陸縦貫鉄道からは「ないりっくん」と「森吉のじゅうべぇ」が応援に駆けつけ、会見を盛り上げました。
 由利高原鉄道の春田社長は、「このツアーをきっかけに多くの方に足を運んでいただきたい。楽しんでいただき、リピーターを増やしたい。」と語り、秋田内陸縦貫鉄道の佐々木琢郎社長も、「このツアーを呼び水として、観光客増加に期待したい。田んぼアートもぜひ見ていただきたい。」とそれぞれ意気込みを語りました。
 皆様もこの機会にぜひご利用ください!

【由利高原鉄道株式会社】
http://www.obako5.com/

【秋田内陸縦貫鉄道株式会社】
http://www.akita-nairiku.com/
c0177717_1030577.jpg
c0177717_1031796.jpg

[PR]
# by akitapref | 2015-07-13 10:31 | 広報広聴課

仙台秋田県人会の皆様が来庁されました。

 宮城県在住の秋田県出身者で構成される仙台秋田県人会。創立90周年を記念した「訪秋ツアー」で秋田県を訪れたことに伴い、会員21名が来庁されました。
 柿崎征英会長は、「ふるさと秋田と連携し、文化や経済などの面から交流したい。また、会員にふるさと納税を促すなど、県人会としても秋田県を応援していきたい。」と述べました。
 佐竹知事も「積極的な交流を図っていきたいと考えている。今後も仙台から応援していただきたい。」と述べました。
 県人会の皆様はその後、仙北市の武家屋敷や、横手市の増田の蔵などを散策されたそうです。
c0177717_839651.jpg
c0177717_8391952.jpg

[PR]
# by akitapref | 2015-07-09 08:39 | 広報広聴課

秋田から世界へ羽ばたけ!わか杉っ子!

 県では、県内の優れた素質をもった子どもたちを発掘し、オリンピックなどの国際舞台で活躍できるトップアスリートの育成を目的とした、「AKITAスーパーわか杉っ子発掘プロジェクト」を行っています。このプロジェクトで発掘されたタレントが、フェンシング競技において海外の大会で入賞するなど、輝かしい成績を収めています。
 今年度から、フェンシング競技に、スピードスケート、ライフル射撃を加えた3競技に拡大して行われることになりました。
 6月27日(土)には、各競技を体験できる「ジュニアチャレンジスクール」が県スポーツ科学センターで行われ、応募した県内小学校3、4年生の子供たち59名が参加しました。
 学校ではなかなか体験できない競技ということもあり、子どもたちは指導者の話を熱心に聞き、楽しみながら競技を体験していました。
 今回応募した子どもたちは、7月下旬に行われる「基礎運動能力チェック」を経て、40名程度の子どもが8月から行われる「体験プログラム」に進むことになっています。
 2月に開催される「オーディション」に合格した子どもは「スーパーわか杉っ子」に認定され、育成プログラムに参加しながら、トップアスリートを目指します。
 がんばれ!スーパーわか杉っ子!

【AKITAスーパーわか杉っ子発掘プロジェクトについて:県スポーツ科学センターHP】
http://www.pref.akita.jp/taiiku/akispo/aiss/science/talent/tallent.html

c0177717_16105374.jpg

c0177717_1611312.jpg
c0177717_16111245.jpg
c0177717_16112053.jpg
c0177717_16113075.jpg

[PR]
# by akitapref | 2015-07-02 16:11 | 広報広聴課

県内初!県内企業が、NEDOの「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」に採択

 横手市にある機械部品製造業の株式会社アスターでは、独自の成形技術により、従来よりも小型で電気モーターの効率化を実現するコイルの開発に成功しました。
  同研究開発について、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)では、研究内容の将来性の高さなどを評価し、今年度の「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」に採択しました。今回は25企業が採択されましたが、ほとんどを大手メーカーで占められている中、県内企業としては初めて選ばれており、本当の快挙と言えます。
 採択について県庁で発表を行った本郷武延社長は、「今後は量産化がカギ。実証実験を重ね、3年後を目途に販売したい。」と今後の展望について語りました。
 発表に同席した県産業技術センターの鎌田悟所長も、「原理的にはわかっていたが、誰もできなかった技術。今後も、同社のように県外や世界に向けて、自ら提案できるような県内企業が増えて欲しい。」と述べました。
 県と県産業技術センターでは、この研究に、技術面だけでなく、外部資金の獲得などの支援を行っており、今後は実証実験などを重ね、3年後を目途に量産化を目指します。
c0177717_16184446.jpg

[PR]
# by akitapref | 2015-06-30 16:18 | 広報広聴課

ノーザンハピネッツ前HC中村和雄さんが来庁

 秋田ノーザンハピネッツの前ヘッドコーチ(HC)で、6月いっぱいで県体育協会ゼネラルアドバイザーを退任される中村和雄さんが、来庁されました。
 男鹿市出身の中村氏は、2011年にハピネッツのHCに就任されました。2013-2014シーズンにはチームを初のファイナルに導き、2014年には、県体育協会のアドバイザーに就任。県内の強化拠点校を中心に、約300ヶ所を訪れ、選手や指導者へのアドバイスや激励をしました。
 今後は、bjリーグ新潟アルビレックスBBのHCに就任される予定です。
 中村さんは、「アドバイザーとして1年間活動し、選手や指導者に気合をかけてあげることができる良い関係性を築けたと思う。まだ未練はある。シーズンオフには、秋田県の先輩として各地を回りたい。」と秋田での活動を振り返りました。
 佐竹知事も「秋田のスポーツに気合を入れていただき感謝している。今後は、新潟を強くしていただき、良きライバルとして切磋琢磨していきましょう。新天地でもぜひ頑張ってください。」と激励しました。
 中村さん今まで情熱と興奮をありがとうございました。
c0177717_13272499.jpg

c0177717_13274250.jpg

[PR]
# by akitapref | 2015-06-29 13:27 | 広報広聴課

骨髄バンクキャラバン隊の皆様が来庁されました!

 全国骨髄バンク推進連絡協議会の設立25周年を記念した日本縦断キャラバン隊が、秋田県庁を訪れ、メッセージ伝達式と記念品の贈呈が行われました。
 キャラバン隊は、日本骨髄バンクのドナー経験者の方がキャラバンカーに乗り、骨髄移植医療を取り巻く環境の改善を願って普及啓発の「リレー」を行っています。
 伝達式の中で三浦会長は「この25年の間に、骨髄の移植はさい帯血バンクによる移植と合わせ、30,000例を突破した。今後も少しでもドナー登録がしやすい環境づくりが必要。県の協力もお願いしたい。」とメッセージを読み上げました。
 県からは、キャラバン隊の皆様へ激励の気持ちとともに、造血細胞移植医療の一層の普及を願い、千羽鶴をお渡ししました。
 今後もゴールの札幌市を目指しながら、各地でキャラバン活動を行っていくそうです。

【骨髄バンク登録の御案内:美の国あきたネット】
http://www.pref.akita.lg.jp/www/contents/1138066198479/index.html
【全国骨髄バンク推進連絡協議会】
http://www.marrow.or.jp/
c0177717_1215766.jpg

c0177717_1221638.jpg

c0177717_1223663.jpg

[PR]
# by akitapref | 2015-06-26 12:02 | 広報広聴課

ユニバーシアード日本代表(フェンシング競技)高橋選手が来庁!

 4月に行われた第28回ユニバーシアード競技大会フェンシング日本代表選考会女子フルーレの部において優勝し、見事日本代表の座を勝ち取った高橋風子選手(秋田市出身)が県庁を訪れました。
 高橋選手は「ユニバーシアードへの出場を一つの目標としてきた、選考会優勝という形で代表に選ばれて嬉しい。大会では、優勝を目指したい。」と大会出場の喜びと意気込みを語りました。
c0177717_14402711.jpg

 佐竹知事も「今大会で優勝目指して頑張ってほしい。良い結果を残し、オリンピック出場のステップにしてほしい。」と激励しました。
 フェンシング競技には、「フルーレ」、「エペ」、「サーブル」という3種目があり、高橋選手は、フルーレで活躍しています。ちなみに、北京・ロンドン両オリンピックで銀メダルを獲得した太田雄貴選手もフルーレ種目です。
 第28回ユニバーシアード競技大会は7月に韓国で行われます。高橋選手、頑張ってください!
【フェンシングについて:日本フェンシング協会HP】
http://fencing-jpn.jp/about/
c0177717_14404097.jpg

c0177717_14405413.jpg

[PR]
# by akitapref | 2015-06-25 14:41 | 広報広聴課

ツヤツヤの三関さくらんぼが採れました!

 東京の市場で高い評価を得ている三関(湯沢市)のさくらんぼですが、この度JAこまち桜桃部会員とミス・フレッシュが、今年の作柄や出荷状況のお知らせと三関さくらんぼのPRのため、県庁を訪れました。
 湯沢市は、三関地区を中心に、県内最大の「さくらんぼ」産地となっており、中でも「三関さくらんぼ」は、色鮮やかで甘く、都内の高級フルーツ店で販売されるなど品質が高いことで知られています。
 さくらんぼを試食した佐竹知事も、「今年は特に甘みが強く美味しい。さくらんぼと言えば秋田県と言われるよう、どんどんPRして欲しい。」と述べました。
 今年も生産者の丁寧な栽培管理により、例年にも増して品質の良い果実に仕上がっています。
 このツヤツヤ感!皆様も是非ご賞味ください。

【秋田県農林水産情報 こまちチャンネル】
http://www.e-komachi.jp/mem_info/show_detail.htm?serial_no=264

c0177717_14381212.jpg
c0177717_14382762.jpg

[PR]
# by akitapref | 2015-06-22 14:38 | 広報広聴課

父の日にバラの花を

 県内の花き生産者や流通業者、花店などでは、「父の日」にバラの花をプレゼントする活動を推進しています。その活動を広く周知しようと、6月21日(日)の父の日を前に、県花き生産者連絡協議会の齋藤安行会長と菅原良一さんがミス・フレッシュの山本千香子さんとともに県庁を訪れました。
 山本さんから、秋田県の「親父」代表としてバラの花束を手渡された佐竹知事は、「花束といえばやっぱりバラ。豪華で良い香りがする。定番になるように、頑張って宣伝してほしい。」と述べました。
 今年の父の日は、バラの花束を贈ってみてはいかがですか?
c0177717_1725781.jpg

c0177717_17252118.jpg

[PR]
# by akitapref | 2015-06-18 17:25

秋田美男!ミスタージャパン来庁!

 国際的な美の祭典である「ミス・ユニバース・ジャパン」の男性版であり、 外見だけではなく、「知性・感性・人間性・内面・自信」を兼ね備え、 表現力に富む男性を発掘するコンテスト「ミスター・ジャパン」
 今年3月に行われた大会で、約8,000人の応募者の中からグランプリを受賞した渡部純平さん(潟上市出身)が父である渡部均さんと来庁しました。
c0177717_14244519.jpg

 渡部さんは「今後はモデルとして活動し、生まれ育った秋田に貢献したいと考えている。様々な所で秋田をPRしていきたい。」と今後の活動について語りました。
 佐竹知事も「顔が小さくて良い男だ。秋田には、美人だけでなく美男もいるということを発信して欲しい。」と話しました。
c0177717_1425725.jpg

 コンテストでは、自身の強みである6つに割れた腹筋を披露、大会時には体脂肪率を6%まで絞ったそうです。
 今後は、モデル活動だけでなく俳優活動にもチャレンジしたいそうです。今後の活躍とシックスパックの腹筋に目が離せませんね!
c0177717_14252253.jpg

【MR.JAPAN公式ホームページ】
http://mrjapan.jp/
[PR]
# by akitapref | 2015-06-17 14:24 | 広報広聴課

仁別森林博物館来館者2万人達成!

 秋田市仁別にある森林博物館は、博物館で学習したことを周辺の仁別の森林で観察し、体験することができる、「フィールドミュージアム」です。
平成20年5月のリニューアルオープン以来、多くの方に足を運んでいただき、このほど累計来館者数が平成27年5月に2万人に達しました。これを記念し、2万人目の来館者へ、記念品の贈呈式が県庁で行われました。
c0177717_16381617.jpg

 記念品は、木のぬくもりを感じることができる蒸気機関車の木工品で、秋田県水と緑のマスコット「森っち」が乗り込んでいます。

これからの季節、外で遊ぶ機会も多くなります。
 皆様も是非、遊びに行ってみてはいかがでしょうか?
c0177717_16384514.jpg

【仁別森林博物館】
http://www.rinya.maff.go.jp/tohoku/introduction/gaiyou_kyoku/nibetu/index.html
c0177717_1639255.jpg

[PR]
# by akitapref | 2015-06-02 16:36 | スギッチ・森っち

高橋大斗選手が引退

 ノルディックスキー複合でワールドカップ、世界選手権やオリンピック等で日本代表として活躍し、今シーズン限りで現役を引退する高橋大斗選手(北秋田市出身)が来庁しました。「秋田県スポーツ大使」としても様々な活動をしていただいた高橋選手に堀井副知事から感謝状を贈呈しました。
c0177717_14245180.jpg

 高橋選手は「秋田でスキーを始めたからこそ、世界で通用するところまで成長することが出来た。現役時代は(ケガ等で)苦しいことも多かったが、今は応援していただいた皆さんへの感謝の気持ちでいっぱいです。」と21年間の選手生活を振り返りました。
c0177717_14251120.jpg

 これに対して堀井副知事は「日本のエースとしてノルディックスキーを支えてきた高橋選手は県民の大きな誇りであり、後に続く若い選手を励ます存在であった。多くの県民がありがとうという気持ちでいると思う。」と話しこれまでの功績を讃えました。
c0177717_14253150.jpg

高橋大斗選手、本当にお疲れさまでした。
c0177717_14255865.jpg

広報広聴課 吉尾でしたemoticon-0139-bow.gif
[PR]
# by akitapref | 2015-03-27 15:00 | 広報広聴課

メモ

このブログに掲載している情報、特に観光地情報などは、職員の体験に基づくものであり、その内容は時期によって変更している場合がありますので、御利用の際は、確認をお願いします。
なお画像、文章の著作権は県または提供者にあります。著作権法上認められた場合を除き、無断で引用・転用はできません。

ブログに関するお問合せ
秋田県広報広聴課
018-860-1076
info@mail2.pref.akita.jp

カテゴリ

全体
広報広聴課
あきたびじょん
ささえあおう東北
イベント
全県の観光
県北地区の観光
中央地区の観光
県南地区の観光
秋田の食・物産
秋田内陸線・鳥海山ろく線
韓国ドラマ「アイリス」
スポーツ
学校
お仕事
スギッチ・森っち
景観
試験研究
施設情報
県庁
アート・音楽
その他
未分類

以前の記事

2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
more...

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

画像一覧